ころころ


お仕事一旦終了~日々思うこと
by ichigoponcho
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
bp
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
ことにします
by ichigoponcho at 17:55
ありがとうございます&#..
by ichigoponcho at 17:54
決まって良かったですね ..
by bankanae at 14:47
茶道は敷居が高かったので..
by ichigoponcho at 22:24
このおまんじゅうは可愛く..
by bankanae at 23:43
メモ帳
検索

カテゴリ:大地の芸術祭 越後妻有 2015( 11 )


グァン・ファイビン 『時を超える旅』 ☆大地の芸術祭 越後妻有トリアンナーレ2015  

グァン・ファイビン 『時を超える旅』津南上野集落

アジアンインフォメーションセンター前の広場は
草が刈られていてゲートボール場になっている
昨年は機会があって何度かゲートボールをした
傍で見ているよりやった方が断然面白いスポーツだ

この丸い鏡は少し凸型になっていて
景色を集め映っているように見える
離れて立つと
空が見えたり畑が見えたり
鏡を動かすと
周囲の違う景色が映る


a0330925_20502335.jpg


a0330925_20502419.jpg


近寄ってカメラで撮ってみたら
自分が作品の一部のように映って
ちょっとうれしくなった

a0330925_20502452.jpg


風が吹くと動く鏡
今日は手で回してみた
近くで見たら落書きされていて
作品管理の良いと感じていた津南地区でも
このようなことがおこってしまうのかとショックだった



[PR]

by ichigoponcho | 2015-09-13 21:19 | 大地の芸術祭 越後妻有 2015 | Comments(2)

本間 純 『森』 ☆大地の芸術祭 越後妻有トリアンナーレ2015 (津南・マウンテンパーク)




マウンテンパーク津南ではその日地元の中学生が
グラススキーの練習をしていた
エリアのコースをあどけなさが残る競技者が
結構なスピードで滑走していた
接触しないように気を付けながら作品を見て回る

本間 純 『森』

広場の中にポツンと納屋のような小屋が建っていた

a0330925_16294775.jpg



「森?」

a0330925_16294721.jpg



窓に近づくとたくさんの使い古した鉛筆が立っている

私が大好きだった懐かしいトンボ鉛筆があった 

小学生の頃はわら半紙に引っかからないこの鉛筆を選んで

短くなると一本ずつ町の文房具屋に買いに行った

静岡にあったその小さなお店の引き戸の感じや

メーカーごと硬さ別にきちんと並べられている様子が

ばーっと思い出された

わたしはいつもおそるおそる

「これください」と、十円玉の入ったお財布を握って言ってたっけ


鉛筆は大切なもの

それは大事に育てられた一本の木から

木は森の中に

そんな連想が

反射した窓に映る森と

カメラでとらえようとする私

そしてえんぴつたちを

ひとつにしてくれた

a0330925_23034964.jpg






おまけ

小屋の反対側に回ってみると
作り物のようなセミが細い葉に留まっていた
羽も透き通っていてとても綺麗だった
あの後元気に鳴けたかな?

a0330925_21162829.jpg






[PR]

by ichigoponcho | 2015-09-12 17:11 | 大地の芸術祭 越後妻有 2015 | Comments(0)

ゲオルギー・チャプカノフ 、栗村江利、 イ・ジェヒョ 越後妻有トリアンナーレ(マウンテンパーク津南)

ゲオルギー・チャプカノフ 『カモシカの家族』
清水さんが一番好きだという作品
グラススキーのコースの脇に
小さなこどものカモシカとお父さんお母さんがいる
よく見ると農具が使われている
金属なのになぜか温かさを感じほほえましい
「かわいいなあ」
a0330925_21403247.jpg
                              ☆


栗村江利 『再生』
白い枕は大理石でできている
盛り上がった土のベッド
今日は雨に濡れている
草がふかふかしていたら
横になってみたい
できたらベッドを90度まわして
池を眺めながら風を感じたい

a0330925_21403277.jpg



イ・ジェヒョ『0121-1110=109071』
杉の木をバックに3つの球体が現れた
ゆがみがないきれいな球は木材でできている
「この地域の樹ですか?」と質問したら
「年輪からすると違うね、成長が・・」
と清水さんが説明してくれた
「そうか~」と納得
南の国の樹の球と雪、きれいだろうな
降り始めに見てみたい

a0330925_21403225.jpg



[PR]

by ichigoponcho | 2015-09-07 22:50 | 大地の芸術祭 越後妻有 2015 | Comments(0)

フィオナ・ウォン(黄麗貞)『恒河舎』 ☆大地の芸術祭 越後妻有トリアンナーレ2015


車道から少し入ったところにポツンとある恒河舎』  フィオナ・ウォン(黄麗貞) 

「作品ですよ」と紹介されなければちょっと見過ごしてしまいそうなくらい

普段着な感じの建物(このブロックの部分が見えていた)

a0330925_16431054.jpg




でも、入り口にはなんとも素敵な樹がいい感じにからみついていて

一目で気に入ってしまった

a0330925_16431193.jpg




内部には家が透かされてライトになっている磁器のプレートや

ミニチュアの金山?のような置物があった(佐渡を意識しているのかな?)

a0330925_18175211.jpg


a0330925_18175147.jpg



二階に続く梯子をあがると

「まあ明るい!」

パステルカラーのプレートがかわいらしい

白い暖炉もありお茶会したくなるような雰囲気

隠れ家はやっぱり意外性がないとね!

a0330925_16431150.jpg

[PR]

by ichigoponcho | 2015-09-06 18:42 | 大地の芸術祭 越後妻有 2015 | Comments(0)

キム・クーハン(金九漢) 『かささぎたちの家』 ☆ 大地の芸術祭 越後妻有トリアンナーレ2015 ( 津南・上野)




集落の中におとぎの家が見えてきた

『かささぎたちの家』 キム・クーハン(金九漢)

霧雨に濡れて周囲のグリーンともいい感じで溶け合っている。


a0330925_16422791.jpg




前出の清水さんによれば

この家は、ここにすっぽり入るほどの大きな窯を作って焼き上げたということ。

周囲に溝が掘られており、そのあたりまでの大きさということを知り、

炎や煙が上がる様子、それを見守る集落の方々の様子などを想像してみた。

今は静かなかささぎたちの家は、そんな産みを経てここにあるのかと

不思議な気持ちになった。

壁面の絵柄は色合いが優しく、柔らかな土とよく合っている

近寄って、何が描いてあるのかをゆっくり見るのも楽しい作品。




周囲の溝はもう草に覆われているけれど

溝にぐるりと守られている家は、静岡の登呂遺跡を私に連想させ

懐かしい気持ちにもなった。

そういえばこの領域に入るところに小さな橋が架けられている。

カメが4匹守っているように見えるが、なぜか1匹だけひっくり返っていた!

a0330925_16422896.jpg


[PR]

by ichigoponcho | 2015-09-06 13:06 | 大地の芸術祭 越後妻有 2015 | Comments(0)

アン・ハミルトン 『Air for Everyone』 ☆大地の芸術祭 越後妻有トリアンナーレ2015

ガイドブックの周10津南・上郷コース

案内所で午後の便に乗ると

津南町役場の清水さんという方がガイドとして同乗されていた

今回は町長さんからの指令のようだった

その清水さんもゆかりのあるという田中地区の展示



アン・ハミルトン 『Air for Everyone』

家に入るとアコーディオンのような音がしてきた

こうしてロープの先の持ち手を下へ引っ張ると

空気を含んだ音が木造の建屋にゆっくりと響く

あわせて外の景色を眺めれば

日ごろのストレスから解放される


a0330925_22042996.jpg
 ↑清水さんです


a0330925_22043078.jpg


a0330925_22043093.jpg
家の外には薄い白い布がかけられていた

向かいにいはお子さんも含め集落方たちが集まっておられ

何やら清水さんをひやかしながらも

私たちにお茶などをふるまって下さった

フレンドリーな雰囲気がうれしかった



a0330925_22043082.jpg



[PR]

by ichigoponcho | 2015-08-31 22:32 | 大地の芸術祭 越後妻有 2015 | Comments(0)

松尾高弘『北越雪譜』 ☆ 大地の芸術祭 越後妻有トリアンナーレ2015 ( 津南総合案内所内)

松尾高弘  『北越雪譜』 Light book

a0330925_15172586.jpg


『北越雪譜』とは江戸時代の豪地の生活を伝える絵図入りの書物

暗い部屋の文机の上のこの書物をめくると

色付けしてある絵の部分が本からスーッと上方に流れ出す

背景には雪もちらついている

壁には書物に書かれている文字も浮かび上がってくる

不思議な仕掛け

どんなふうになっているの仕掛けをあれこれ考えながら

何度もめくりたくなる

雪国の冬の生活を思いながら



a0330925_15172562.jpg

a0330925_15172647.jpg





[PR]

by ichigoponcho | 2015-08-30 15:27 | 大地の芸術祭 越後妻有 2015 | Comments(0)

原倫太郎+原游、平石博一  大地の芸術祭 越後妻有トリアンナーレ  ( 津南エリア)

思いのほか早く十日町に到着し、津南まででかけた
バスで30分くらい乗る
エリア的には南西の方
津南総合案内所内の展示より


原倫太郎 『真夏の雪玉』

静かにスライドする白い球
動くスピードが心地よく
夏の暑さも和らぐ感じがした
a0330925_16580270.jpg


a0330925_16580350.jpg



原倫太郎+原游 『ファンタスマゴリア』
2012年の作品は十日町の店舗での作品だった。そこで働く人、物、をくっきりとした黒い影で印象的に映し出すものだった。
今回の作品は、動物や人などかわいらしいキャラクターが、薄い布に走馬灯のように映し出され
布のあいだを歩いていると、幸せな気持ちになってくる。
a0330925_16580336.jpg


原游 『猫が見ている』
元旅館であったこの総合案内所は、一部屋ごとに作品が展示されている。
大きな客間に大きな猫の顔。重なっている座布団に座ると猫の両目にわたくしが映っている。
「本当だ!そして猫にゃんに見られてる私は小さい」

a0330925_16580321.jpg

平石博一 『ドリームスケイプ サウンドスペイス』

カメラで撮っている自分の影が映っているのも面白い。
何かを映したぼんやり見える四角に黄色い四角が動いて重なる。
正方形は私も好きな形。
a0330925_16580487.jpg


a0330925_16580414.jpg



[PR]

by ichigoponcho | 2015-08-25 23:24 | 大地の芸術祭 越後妻有 2015 | Comments(0)

清津倉庫美術館  大地の芸術祭 越後妻有トリアンナーレ 2015 

a0330925_13054261.jpg



清津倉庫美術館にて。

a0330925_14261870.jpg

a0330925_13300184.jpg



廃校になった小学校の体育館が

美術館としてリノベーション。

壁面はコンクリ、天井はそのまま、

ライトをつけた補強材が梁にもなっていました

a0330925_14261938.jpg

a0330925_14261935.jpg


a0330925_14261943.jpg


a0330925_14262080.jpg


[PR]

by ichigoponcho | 2015-08-24 12:50 | 大地の芸術祭 越後妻有 2015 | Comments(0)

うぶすなの家   大地の芸術祭 越後妻有トリアンナーレ 2015 

a0330925_13381012.jpg


越後妻有トリアンナーレ二日目のお昼

うぶすなの家、という古民家で。

ワラビやゼンマイ、瓜のつけもの。

味噌漬けのお肉など少しずつ小皿に盛られています。

味は優しくヘルシー。

地元のお母さんがつくってくれています。


a0330925_13381030.jpg



グリーンが綺麗な陶器のお風呂や

アートな器などが各部屋に展示されています。

人がたくさんです。

a0330925_13381106.jpg


[PR]

by ichigoponcho | 2015-08-23 13:22 | 大地の芸術祭 越後妻有 2015 | Comments(2)